【論文掲載】計画班B01佐藤佑助教らの研究がJACS Au誌に掲載され、次号の表紙に決定しました

2021.12.13

計画班B01佐藤 佑助教らの研究がJACS Au誌に掲載され、次号の表紙に決定しました。

Sato, Y., & Takinoue, M. (2021). Capsule-like DNA Hydrogels with Patterns Formed by Lateral Phase Separation of DNA Nanostructures. JACS Au.

細胞サイズのカプセル構造「DNA カプセル」の構築に成功しました.カプセルの表面には相分離現象で形成された“模様”があり,DNA の塩基配列設計や混ぜる量などを変えることで,カプセル表面の模様を変えられることを示しました.模様を利用して DNA カプセルの一部に望みの機能(分子計算機や分子駆動装置)を導入することなどが期待できます.さらに,人工細胞膜の裏側に DNA カプセルを形成したり,酵素により DNA カプセルを分解できたりすることも示しました.将来的に,薬剤送達システム(DDS)や分子ロボットの新規筐体,人工細胞の構築などへ寄与が期待できます.