Achievement

研究業績

2021

論文

2021.03.25

計画班D01関西大学葛谷教授らの分子群ロボットに関する英語解説記事が生物物理誌に掲載されました。

KEYA, J. J., KUZUYA, A., & KAKUGO, A. (2021). Molecular Swarm Robot Realized by the Intelligence of a Biomolecular Motor System and DNA. Seibutsu Butsuri61(5), 330-331.

2021.08.10

計画班B01の鳥取大学・松浦和則教授らの研究成果が,ACS Organic & Inorganic Au誌に掲載されました!

Matsuura, K., Hisamoto, K., Tanaka, T., Sakamoto, R., Okazaki, M., & Inaba, H. (2021). Turn-On Fluorescent Probe Based on a Dansyl Triarginine Peptide for Ganglioside Imaging. ACS Organic & Inorganic Au.

2.21.08.02

D01班の名古屋大学・瀧口講師らの論文がThe Journal of Chemical Physics誌に掲載されました。

2021.08.01

領域代表・村田智教授らの論文が工学教育誌に掲載されました!

”大学の枠を超えたオンライン生体分子デザインコンペティションの取り組み”, 工学教育(J. of JSEE), 69-4(2021) 31-39, DOI:10.4307/jsee.69.4_31

2021.04.27

計画班B01班の東北大・佐藤助教たちのレビュー論文が出版されました.

Sato, Y., & Suzuki, Y. (2021). DNA nanotechnology provides an avenue for the construction of programmable dynamic molecular systems. Biophysics and Physicobiology, bppb-v18.

2021.04.30

計画班C01の東北大学・川又生吹助教らの研究成果が,CBI Journal に掲載されました.

Yudai Yamashita1 , Kotaro Watanabe1 , Satoshi Murata1 , Ibuki Kawamata(2021)Web Server with a Simple Interface for Coarse-grained Molecular Dynamics of DNA Nanostructures,CBIJ Vol.21 pp.28-38

2021.04.22

計画班B01の鳥取大学・松浦和則教授らの研究成果が,ACS Applied Bio Materials誌に掲載されました.

Inaba, H., Hatta, K., Matsuura, K.  (2021). Directional Propulsion of DNA Microspheres Based on Light-Induced Asymmetric Growth of Peptide Nanofibers. ACS Applied Bio Materials, DOI: 10.1021/acsabm.1c00146

2021.04.14

計画班B01の鳥取大学・松浦和則教授らの研究成果が,International Journal of Molecular Sciences誌に掲載されました.

Matsuura, K., & Fujita, S. (2021). A Photoresponsive Artificial Viral Capsid Self-Assembled from an Azobenzene-Containing β-Annulus Peptide. International Journal of Molecular Sciences, 22(8), 4028.

2021. 02.05

計画班B01の名古屋大・村山 恵司助教らの共同研究の成果が,Nature Communication誌に掲載されました.

Murayama, K., Okita, H., Kuriki, T. et al. Nonenzymatic polymerase-like template-directed synthesis of acyclic L-threoninol nucleic acid. Nat Commun 12, 804 (2021).

人工核酸の非酵素的伸張を実現した画期的な研究として,Featured articleに選ばれています.

2021.02.01

計画班B01代表の東北大学・野村准教授らの研究が,Chem.Comm誌に掲載されました.

Iwabuchi, S., Kawamata, I., Murata, S., & Shin-ichiro, M. N. (2021). A large, square-shaped, DNA origami nanopore with sealing function on a giant vesicle membrane. Chemical Communications57(24), 2990-2993.

2021.01.21

計画班C01の東京工業大学・嶋田 直彦助教と,B01班の名古屋大・村山 恵司助教らの共同研究の成果が,ACS Applied Materials & Interfaces誌に掲載されました.

Ikeuchi, N., Komachi, T., Murayama, K., Asanuma, H., Maruyama, A., &Shimada, N. (2021). Light-Regulated Liquid–Liquid Phase Separation forSpatiotemporal Protein Recruitment and Cell Aggregation. ACS AppliedMaterials & Interfaces, 13(4), 5652-5659.

2021.01.21

B01班の 名古屋大学・村山 恵司助教らとC01班の東京工業大学 嶋田 直彦助教授らの研究成果がAmerican Chemical Society誌に掲載されました。

Ikeuchi, N., Komachi, T., Murayama, K., Asanuma, H., Maruyama, A., &Shimada, N. (2021). Light-Regulated Liquid–Liquid Phase Separation forSpatiotemporal Protein Recruitment and Cell Aggregation. ACS AppliedMaterials & Interfaces, 13(4), 5652-5659.

メディア掲載

SF作家・ライターの藤崎慎吾さんによる「DNA遊園地の妖精」が講談社ブルーバックスのサイトで公開されました.連載第3回です.

(掲載日:2021.09.30)

A01班の東北大の村田教授とC01班の川又助教らの研究論文が,この度Feature Paper in 2020に選ばれました.

(掲載日:2021.0830)

SF作家・ライターの藤崎慎吾さんによる「転がるDNA、回るDNA歩くDNA」が講談社ブルーバックスのサイトで公開されました.連載第2回です.

D01班協力者の遠藤政幸・関西大学特別任命教授が今回取材されています.

Yahoo!ニュースにも配信されました.

(掲載日:2021.07.30)

SF作家・ライターの藤崎慎吾さんによる「DNAで形をつくる「DNAオリガミ」はたしてナノスケール鶴は折れるのか?」が講談社ブルーバックスのサイトで公開されました.連載第1回です.

D01班協力者の遠藤政幸・関西大学特別任命教授が取材されています.

Yahoo!ニュースにも配信されました.

(掲載日:2021.02.05)

計画班B01の名古屋大・村山助教らの共同研究がNat. Commun.誌のFeatured articleに選ばれました.

プレスリリース

計画班B01 村山 恵司助教ら

生命の起源は人工核酸XNA? 〜人工核酸の非酵素的鎖伸長法の開発〜

日本の研究.com 掲載日:2021.02.08