関連学会/シンポジウム

「量子技術による3次元積層マイクロ流体チップの創出」と「学術変革領域(A)分子サイバネティクス」のジョイントワークショップのお知らせ

2023.07.18

量子科学技術研究開発機構 (QST) 生体模倣システム創製研究アライアンスと学術変革領域 (A) 分子サイバネティクスのジョイントワークショップを,下記の要領で開催致します。

「量子技術による3次元積層マイクロ流体チップの創出」と「学術変革領域(A)分子サイバネティクス」のジョイントワークショップ

日 時 2023年7月25日(火曜日)1500-1810
場 所 オンライン(下記Zoomリンク)こちらから

もしパスコードを求められた場合は,ミーティングID: 879 1985 3371パスコード: 329600


参加自由 どなたでも参加できます(登録不要)

概要説明
1500 村田 智(分子サイバネ代表:東北大)   分子サイバネティクス領域の紹介
1510  田口光正(QST)    生体模倣システムプロジェクトの概要 

研究紹介 各20分(質疑含む)
1520 大山智子(QST)(代理 田口光正) 
量子技術による3次元積層マイクロ流体チップの創出
1540 浜田省吾(分子サイバネ:東北大)
マイクロ流体デバイスを使ったDNA材料システムの開発
1600 大山廣太郎(QST)
   量子技術による細胞培養基材の開発 
1620 安原主馬(分子サイバネ:奈良先端大)
合成高分子による脂質膜の構造・機能制御
   休憩10分
1650 木村敦(QST)
生体適合性ナノゲルセンサの開発
1710 上杉 薫(分子サイバネ:茨城大)
   リポソームや生体材料・生物の力学的特性評価
1730 大島康宏(QST)
   がん治療における放射性医薬品の開発 
1750 豊田太郎(分子サイバネ:東大)
   ジャイアントベシクルを活用した腹腔鏡手術支援システム
(敬称略)

みなさまふるってご参加下さい。